2016/06/13埼玉・一戸建て

埼玉で一戸建てに住むメリット

中央住販

OKNG

郊外に家を購入するか、市街地に家を購入するか・・・・
こんな悩みを持つ方も多いと思います。郊外には郊外の良さがあり、市街地には市街地の良さがあります。特に、東京のベッドタウンである埼玉県はメリット、デメリットがハッキリしています。
なぜなら、都心へ近くなるという大きなメリットを享受できる市街地が良いのか、都会の喧騒から外れている静かな環境を享受できる郊外が良いのか、という選択になるからです。

今回は、埼玉県に家を購入しようと思っている方に向けて、市街地、郊外地のメリットや、マンションと比較をしてどんな点が良いかをお話します。

1. 埼玉で一戸建てに住むメリット

埼玉県内で一戸建てに住む時に感じられるメリットを郊外と市街地に分けてお話します。

1-1川口、浦和、大宮など市街地で一戸建てを購入した時のメリット


改札

・交通利便性

東京に近いというメリットが最大限に活きてくる要素です。例えば、川口駅から東京駅までは京浜東北線を利用すれば直通28分で行けます。大宮駅から新宿駅までは湘南新宿ラインを利用すれば直通32分で行くことが出来ます。

・資産価値

埼玉県は東京のベッドタウンなので、市街地であればあるほど資産価値は高いです。
理由は「東京との比較」にあります。東京と比べて土地価格※1が安いにも関わらず、東京と比べて(交通利便性をはじめとする)利便性の差は価格ほどありません。つまり、利便性に対して地価が安くお得な物件が多いです。都心から近い市街地は特にそれが言えるでしょう。そのため資産価値が高い土地が多いのです。

※1あなたの街の地価ランキング

・周辺利便施設

コンビニやスーパーも近くにあり、駅前まで行けば百貨店などが立ち並びます。例えば、川口であればそごう、浦和であれば伊勢丹、大宮であれば高島屋などです。病院や学校なども数多くありますので、普段の生活においての利便性は高いです。

1-2鴻巣、熊谷、久喜など郊外地で一戸建てを購入した時のメリット

 

・静かな住環境

郊外地の魅力は何と言っても静かな住環境です。例えば用途地域MAP※2で鴻巣などを見てもらえると分かりますが、住居地域系の場所が多いです。これは駅から近い場所でも住環境が静かであり、一戸建てを建てやすい事を意味しています。

※2用途地域MAP

用途地域とは、住環境の保全や街の活性化などを目的とし、建物の建築を制限したり、高さを制限したりするルールを地域ごとに作ることです。

・子育て環境の良さ

公園の数や待機児童数の数※3や犯罪率などを見て頂くと、比較的郊外地の方が子育て環境には良いというデータがあります。人口密度も市街地に比べると低いので、広々とのんびりとしている環境です。

※3スマイティ

・大型商業施設

例えば、エルミ鴻巣や、熊谷にあるNEWLAND、他にも入間や三郷にコストコがあったり、羽生に大きなイオンモールがあったりと、広大な土地を活かした大型商業施設が多いです。徒歩では行きにくいところもあるのは事実ですが、車があれば問題なく足を運べます。

1-3資産価値や金銭的メリット

・ランニングコストの安さ

例えばマンションと比較をするとランニングコストが圧倒的に安いです。マンションは管理費や修繕積立金が掛かってきます。
広さにもよりますが、通常の場合70㎡の区分所有ですと2万円程かかってきます。
更に駐車場代も別途支払うとなると月々のランニングコストが2~3万円を超えてきます。
一方、一戸建てにはランニングコストがない分、それらを計算せずに物件価格に充てられます。

・資産としての土地

一戸建ては、何よりも土地が資産として残ります。建物は経年劣化していくため、築年数が経つにつれて資産価値が落ちてきます。一方、土地の資産価値は土地の劣化により落ちる事はありません(※周辺環境によって地価が上下する事はあります)。

・隣戸との音を気にせずに済む

隣接している建物との距離が遠いので音に関しては気兼ねなく過ごせます。下階の音を気にせずに子供を伸び伸びと遊ばせておけます。

・増改築がしやすい

マンションとは違い、建物全てが自分の所有なので増改築も自由(法令の制限内で)に行えます。例えばお子さんが独立されて夫婦二人になった時に間取りを変えるなどの対応もしやすいです。

2.  埼玉で一戸建てに住むデメリットと対策

埼玉県内で一戸建てに住む時に感じられるデメリットを郊外と市街地に分けてお話します。

2-1川口、浦和、大宮など市街地で一戸建てを購入した時のデメリット

・駅前には土地がない

先ほどの用途地域MAPの通り、市街地は駅に近い場所に住居エリアが少ないです。そのため一戸建てが建てられる場所が少なく、どうしても駅から離れた場所になりやすいです。

・金額が高い

郊外地と比較をしてという話ですが、都心に近かったり、土地の地価が高かったりする関係で金額が上がってしまいます。

・土地が広くない

上記の理由からどうしても土地自体は広くないので郊外に比べると小さい家が多いです。

これらのデメリットについては、いかに「良い土地(資産価値に対して安価な土地)」を選ぶかという点、そして自分の中で何を優先して土地選びをすれば良いかという点が大事です。そのため、埼玉県エリアに精通していて不動産のノウハウがあるプロに相談する事をお薦めします。

2-2鴻巣、熊谷、久喜など郊外地で一戸建てを購入した時のデメリット


緑

・交通利便性

市街地に比べると都心への距離があるので、東京方面は行きにくいです。路線ごとに行きやすい場所、行きにくい場所があるので、職場なのか実家なのか学校なのか、どの場所に行くことを優先的に考えるかが大切です。

・商業利便性

先ほどの通り、大型商業施設などはありますが、市街地に比べるとコンビニや小型商業施設が少ないです。それが住居近くで完結できる市街地との違いです。

・資産価値

購入金額の違いはありますが、地価が違いますので、市街地と比べると資産価値の観点からは低くなります。

こちらも自分の優先順位を整理する事が大切です。交通利便、商業利便、資産価値、価格、土地の広さ、などたくさんの要素があります。どうしても優先順位を自分で付けられなければプロに相談してみましょう。プロの担当者は、色々な場所に住んでいる色々な家族形態を見ているので、将来を見据えたアドバイスをしてくれるはずです。
 

2-3資産価値や金銭的デメリット


金額

・修繕計画

先ほど言ったように一戸建ては管理費や修繕積立金がかかりません。その分、将来的なリフォームや修繕を考えていたら自ら計画的に修繕費用を積み立てておく必要があります。何にいくら位かかるか、どのように積み立てれば良いか、などが分からなければ不動産のプロに相談してみる事をお薦めします。

・建物の劣化

先ほど言ったように土地については、土地自体の劣化により価値が下がる事はありません。ただ、木造の建物については、例えばマンションと比較すると耐用年数に差があります。そのため、築年数20年~25年程度で資産価値は0円になるので、余計に土地の価値が大事になります。地価動向を把握しているプロに相談してみましょう。

 

種類 構造又は用途 細目 耐用年数
建物 鉄筋コンクリート 住宅用 47
建物 木造 住宅用 22

 

3.セキュリティ面のデメリットと対策


電子錠

ロックについて

例えばマンションは建物のエントランスにオートロックがありますが、一戸建ては玄関のロックのみです。対策としては警備会社と提携して、セキュリティ機能を強化する事などが挙げられます。

低層住宅

一戸建ては高さがないので敷地内に侵入しやすいです。その対策としては、庭や軒先に、踏むと音がなる防犯砂利を敷いておく事、人の動きを感知して光る人感センサーを設置して置く事、窓ガラスが割りにくい防犯ガラスなどが設置しておくことなどがあります。
これらは通常の店でも購入できる商品もありますが、その他の防犯設備等も気になる人は一度不動産のプロに相談してみると良いでしょう。

4.まとめ

一戸建ては、一戸建て自体のメリット・デメリットもありますし、エリアによってもメリット、デメリットが分かれます。そのため、家を選ぶ時には「そもそもどんな家に住みたいのか?」「どんな生活をしたいのか?」というイメージ、優先順位をキチンと立てる必要があります。
その優先順位は、将来的なことや一戸建ての最新情報(地価動向や、設備など)を踏まえて考えた方が分かり易く、理想に向かって進める事ができるでしょう。そのため、家の購入を考えるなら、まずは不動産のプロに相談して、色々なケースを教えてもらいましょう。それから、自分の優先順位を整理してエリアや商品を選んでいきましょう。

こんな記事も読んでます

この記事を読んだ方で、よく読まれている人気の不動産情報をご紹介

【新着】埼玉の一戸建て不動産情報

東京の一戸建て不動産情報を新着順にご紹介