不動産売却ガイド

不動産の売却を検討されている方はご覧ください。売却成立するまでの流れをわかりやすく説明しています。また不動産を売却するポイントも解説しています。不動産売却のことなら気軽にご相談ください!

1不動産売却のポイント~ポイントをおさえて賢く売りましょう~

CHECK 1.売却相場を知る

CHECK 2.信頼できる不動産会社を探す

相場価格より売りやすくする為にかなり安い査定額を出す会社や、逆に仕事ほしさに極端に高額査定をする会社も存在します。

おおよその相場を自身で知った上で、誠実な査定と販売活動をしてくれる会社を探しましょう。

販売を依頼する担当者とコミュニケーションが取りやすいかどうか?という事も、とても大切です。

CHECK 3.売却時に必要なお金を把握する

不動産を購入する場合も売却する場合も諸費用が必要です。

売却時の仲介手数料の他、売却物件のローン残債がある、抵当権が付いている等により変動してきますので、売却依頼(媒介契約)の前に確認しておきましょう。

CHECK 4.売却価格の下限を設定する

売る人は高く売りたい、買う人は安く買いたい。当然の事ですよね。

ただ、数ある販売物件の中から、購入を希望する人が来てくれた時はその機会を大切にしたいものです。

売却を開始する時には、希望価格と一緒に売却価格の下限を決めておくことも必要です。

CHECK 5.買主の相談を受ける

売買価格以外にも、一般的に買う側の人は多くの希望を持っています。

実際に相談の内容を承諾するかどうかは別として、極力真剣に相談には乗るよう心がけましょう。

購入希望の方は、今まで住んでいた売主さんの人柄なども購入の決定要素として検討をするものです。

2不動産売却の流れ~売却の相談から引渡しまで~

1

売却のご相談

私達はまずはお客様のお話をよく伺います。なぜお客様の大切な不動産を売却したいのか。今こそ売却するタイミングなのか、それとも待ったほうが良いのか。どのような方法で売却をすれば良いのか。とことん、しっかりとお話合いをいたします。

2

無料査定

現実的な売却見込価額を算出します。お客様の大切なお住まいはいくらで売却できそうか、実際の不動産取引データ及び不動産鑑定会社のデータを元に売却見込価額を算出します。無責任に高額すぎる査定も行いません。「実際に売れそうな価格」と「お客様の売却希望価格」を大切にします。

3

媒介契約

「売却をすることがお客様のためになる」と確信を得たときに次のステップへ進みます。販売活動を開始する為の媒介契約には、「一般」「専任」「専属専任」の3種類がありますので、それぞれの長所・短所をご説明のうえ、選択をしていただきます。

4

売却開始

ご希望通りの内容で販売活動を行います。
インターネット・折込チラシ・フリーペーパー等、あらゆる方法で宣伝広告を行い、売出しを開始します。希望の時期に希望の価格で売却を実現できるよう注力を行い、必ずご満足いただけるよう努めて参ります。

5

売買契約

売却のお客様も購入するお客様も満足いただけるように。購入を希望される方が見つかると売買契約の締結になります。売却後・購入後にトラブルがおこらぬように取引を履行することが私共の使命です。お客様には勿論、購入してくれたお客様にも満足していただけるよう、仲介業務に専念いたしますのでご安心下さい。

6

お引き渡し

物件売却後もサポートいたします。無事にお引渡しが完了し、売った方・買った方の新たな生活が始まります。ローンに関して、税金に関して、新居での生活に関して等、住生活全般について無料にてアドバイス・サポートをさせていただきます。

不動産売却関連コンテンツ

不動産売却を考えていらっしゃる方は、あわせてこちらもお読みください