中古一戸建て・中古マンション購入ガイド

中古一戸建て・中古マンションの購入を検討されている方はご覧ください。ガイド内では物件の選び方や疑問などの購入の際のポイントを説明しています。また、物件の検討からご成約までの流れも記載しています。中古一戸建て・中古マンションのことなら気軽にご相談ください!

1中古一戸建て・中古マンションの選び方~物件を購入する前に物件の選び方から確認してみましょう~

CHECK 1.中古物件には空き家と居住中の物件がある

中古一戸建て・中古マンションには空家の物件と居住中の物件があります。
空家であればゆっくり見学が出来ますが、家具などがないため入居後のイメージがつかみにくい場合があります。

反対に居住中の物件は家具などがあり入居後のイメージがつかみやすいですが、居住者の方に遠慮してしまい隅々まで見ることが難しくなりがちです。

CHECK 2.中古物件はリフォーム費用を考慮しておく

中古一戸建て・中古マンションの購入は、リフォーム費用がかかることを想定して物件の最終価値を判断します。

基本的に現況を優先とした取引になるため、保証が期待できないケースがほとんどです。

物件自体の費用は安くても、リフォーム費用が掛かりすぎて結果的に高くなってしまうこともありますので、しっかりとリフォーム費用をイメージして、物件の価値と価格を見極める必要があります。

CHECK 3.住宅設備の交換と建物性能の向上も検討しておく

中古一戸建て・中古マンションは新築に比べて、経年劣化により各機能・性能が低下しているのは仕方のないことです。

そのためリフォームによって、住宅設備の交換と耐震性・省エネルギー性などの建物性能を向上することができれば良いでしょう。

CHECK 4.中古一戸建て・中古マンション購入前に注意する点

建物内部の劣化状況は判断が難しく、思ってもみない費用がかかる場合があります。

また、内装リフォームや設備交換はできても建物の状況とリフォームの内容により「出来ること」「できないこと」を見極める事も必要となるため、建築図面の無い物件などは慎重に検討することが望ましいです。

リフォームに関して、専門的な知識がある会社などを利用することも検討しましょう。

2中古一戸建て・中古マンション購入の流れ~物件購入の検討から引渡しまで~

  • 01まずは、中古物件の購入を検討します。
  • 02情報の収集・整理、資金、計画、方法性の決定
  • 03仲介不動産会社と物件見学、物件の調査・選定
  • 04リフォーム計画・検討、見積もり作成
  • 05購入申し込み
    (買付証明書)