中古一戸建て・中古マンション購入ガイド

中古一戸建て・中古マンションの購入を検討されている方はご覧ください。ガイド内では物件の選び方や疑問などの購入の際のポイントを説明しています。また、物件の検討からご成約までの流れも記載しています。中古一戸建て・中古マンションのことなら気軽にご相談ください!

1中古一戸建て・中古マンションの選び方~物件を購入する前に物件の選び方から確認してみましょう~

CHECK 1.中古物件には空き家と居住中の物件がある

中古一戸建て・中古マンションには空家の物件と居住中の物件があります。
空家であればゆっくり見学が出来ますが、家具などがないため入居後のイメージがつかみにくい場合があります。

反対に居住中の物件は家具などがあり入居後のイメージがつかみやすいですが、居住者の方に遠慮してしまい隅々まで見ることが難しくなりがちです。

CHECK 2.中古物件はリフォーム費用を考慮しておく

中古一戸建て・中古マンションの購入は、リフォーム費用がかかることを想定して物件の最終価値を判断します。

基本的に現況を優先とした取引になるため、保証が期待できないケースがほとんどです。

物件自体の費用は安くても、リフォーム費用が掛かりすぎて結果的に高くなってしまうこともありますので、しっかりとリフォーム費用をイメージして、物件の価値と価格を見極める必要があります。

CHECK 3.住宅設備の交換と建物性能の向上も検討しておく

中古一戸建て・中古マンションは新築に比べて、経年劣化により各機能・性能が低下しているのは仕方のないことです。

そのためリフォームによって、住宅設備の交換と耐震性・省エネルギー性などの建物性能を向上することができれば良いでしょう。

CHECK 4.中古一戸建て・中古マンション購入前に注意する点

建物内部の劣化状況は判断が難しく、思ってもみない費用がかかる場合があります。

また、内装リフォームや設備交換はできても建物の状況とリフォームの内容により「出来ること」「できないこと」を見極める事も必要となるため、建築図面の無い物件などは慎重に検討することが望ましいです。

リフォームに関して、専門的な知識がある会社などを利用することも検討しましょう。

2中古一戸建て・中古マンション購入の流れ~物件購入の検討から引渡しまで~

  • 01まずは、中古物件の購入を検討します。
  • 02情報の収集・整理、資金、計画、方法性の決定
  • 03仲介不動産会社と物件見学、物件の調査・選定
  • 04リフォーム計画・検討、見積もり作成
  • 05購入申し込み
    (買付証明書)
  • 06住宅ローン事前審査
  • 07物件の最終調査・
    建物インスペクション
  • 08売買契約・リフォーム工事契約
    住宅ローン申し込み・契約
  • 09リフォーム工事
  • 10決済・引き渡し
  • 参考リンク集

中古物件購入についての疑問中古物件購入前に不安を解消しておきましょう

Q.1築年数が経過している中古一戸建て・中古マンションは避けたほうがいいのか?
A.1もちろん、築年数が浅い方がいいのかもしれませんが、一概にそうとも言い切れません。築年数が浅くても地盤が悪かったり、おかれた環境上、劣化の激しい物件もあります。周辺環境や基本構造等をしっかり確認することが大切です。その際に建築図面も見せてもらえるようお願いしてみましょう。
Q.2中古物件の価格が妥当なのか判断が難しいのですが…
A.2地域の相場や建物の築年数など、総合的に判断して売出価格を決めている場合が多いですが、価格設定は実はそれだけではないケースもあります。現所有者様の住宅ローン残債が抹消できる事も必要になるため、相場より高く売却をしないとならない場合もあります。そのほかにも様々な事情で金額が決まることもあるため、「相場よりも高すぎないか」をしっかり見極めることのできるよう情報を集めることが必要です。
Q.3中古一戸建て・中古マンションは入居後の費用負担が大変?
A.3リフォームしたから入居後のメンテンス費用がかからない?それは間違いです!外壁や屋根などは劣化しやすい部分もありますので、定期的塗装の塗装の塗り直しなどの修繕が必要です。前もって修繕計画をしっかり立てて置くことが大切です。
Q.4中古一戸建て・中古マンションはどこまでリフォームできるのかわからない
A.4中古一戸建て物件・中古マンションをどこまでリフォーム出来るかは、外観を見ただけでは判断出来ません。大きな枠組みなどは建築図面からでも判断出来ますので、まず建築図面があるかないか確認してください。建築図面が無い場合は、大規模改修は避けたほうが無難でしょう。具体的に希望する改修内容が決まっている場合は、それが可能なのか不可能なのか、専門家に相談しましょう。
Q.5中古一戸建て・中古マンションの良し悪しの判断基準がわからない
A.5中古一戸建て・中古マンションの良し悪しを判断することは、一般の方には非常に難しいことです。ポイントとしてまず地盤沈下で家が傾いたり、基礎部分に亀裂が入ってないか等を確認しましょう。その他、雨漏りなどで腐食がないか、水漏れなどないかを確認しましょう。それ以外に、自分の希望するリフォーム工事が予算内で出来るかで最終判断を下すことが必要となります。わからないことや不安が残る場合は、知識のある業者にアドバイスをもらいましょう。
Q.6中古一戸建て・中古マンションはどこをチェックしたらよいのか?
A.6一回の見学で物件の良し悪し全てを見極めることは難しいです。ですがチェックすべき項目などは、信頼のおける不動産会社にアドバイスをもらい、判断基準をしっかり教えてもらうことをお勧めします。見学前にしっかりチェック箇所を頭の中で整理して物件見学をしましょう。
Q.7中古一戸建て・中古マンションの見学で入居中の物件は見学できるのか?
A.7なかにはまだ入居されているケースもあります。だからといって遠慮してしまうと、しっかり物件を見ることができずトラブルになることがあります。希望する物件であれば遠慮することはありませんので、売主様に承諾を頂いてから、しっかりと確認しましょう。
Q.8中古一戸建ては土地があるだけマンションよりも価値があるのか?
A.8物件価格の土地・建物の割合のうち、土地価格が多く見込める物件であれば、価値は残せるでしょう。ただし、建物が古い場合などは、建て替えも視野に入れて考えなくてはいけません。立地条件や土地の形など、現実的に需要があれば価値があると言えますが、将来的にその場所に住み続けるのか、転居・売却の可能性があるのか等でも考え方は様々です。
Q.9中古一戸建てでも建築確認申請書、検査済証、新築時の図面の有無を確認するの?
A.9中古一戸建て・中古マンション購入する際、建築確認申請書や建築図面の有無は事前に確認しておく必要があります、建築図面はリフォームの際は必要となりますので、万が一売却しなければならなくなった場合、資産価値に影響がでてくる可能性もありますので確認しましょう。
Q.10中古一戸建て・中古マンションは給排水管も交換しなければならないのか?
A.10給排水管設備は定期的なメンテンスが必要です。売主様にどれくらいの頻度でメンテンスしていたか確認してください。万が一、ほとんどメンテナンスしていなかった場合、その費用も見ておきましょう。水漏れなどがあった場合、腐食などで建物の基本構造などに問題が出ることもありますので、注意しましょう。

中古一戸建て・中古マンション購入関連コンテンツ

中古一戸建て・中古マンションの購入を考えていらっしゃる方は、あわせてこちらもお読みください

一戸建て・マンションの不動産新着情報

東京・埼玉・千葉・茨城の一戸建て・マンションの不動産新着情報をご紹介